現役世代のためのお葬式講座

心身ともに健康な内に自分のお葬式についても考えてみませんか?

葬儀の連絡をするときと受けたときの心得

親族や関係者への連絡は遺族の役割

身内に不幸があったときは、親戚や故人の勤務先、及び親しく交流のあった友人などにもれなく死亡の通知することが必要です。
通夜、及び葬儀のスケジュルールは詰まっていますので、少しでも早い連絡をすることが故人への供養となります。
死亡通知が遅れると、相手に対して失礼であるばかりでなく通知漏れがあったときは通夜葬儀に参列できないことになってしまいます。

E-mailやFAXによる連絡も今では一般的です

死亡通知は電話でも構わず、要件だけを明確に伝えることが必要ですが、その内容については最低限必要な項目があります。
その内容とは、死亡した人の名前や死亡した時刻、及び通夜・葬儀の日程・時刻・場所です。
死因を詳しく伝える必要はなく、連絡を受けた人においてもそのようなことを聞くのは控える必要があります。
ファックスで連絡をする場合には、時候の挨拶は省略し最低限必要な事項だけを端的に記載すれば事足ります。
また故人が有名人であったり、会社で要職についているときには、新聞広告を利用することも選択肢の一つです。
故人が祖父母の場合には、連絡する人の範囲を判断するのは両親などに任せて、指示のあった人への連絡を買って出ることが大切です。

連絡を受けたら駆けつけるのが基本ですが遠い場合には相手に迷惑になることもあります

一方親戚から危篤や死亡の連絡を受けたら、どんな時間でもできるだけ早く駆けつけることが必要です。
また危篤の知らせを聞いて遠方から駆けつけるときには、喪服をどうするか迷いますが、近いところであれば喪服は持参せずに、一旦帰宅して亡くなったら急いで駆けつけることで対応することが必要です。
しかしそれ以上遠い場合には、親戚だからこそできる手伝いもありますから、一応喪服を持参することが必要です。
遺族がひと目会ってくれと故人との対面を申し出たときは、謹んで対面することが大切なマナーです。

現役世代のためのお葬式講座コンテンツ一覧